※お電話のみでの法律相談は受け付けておりません。ご来所いただいての法律相談となります。

ホーム

事故発生時の対応  01怪我人が出た場合  02車での事故の場合  03警察への連絡  04連絡先の確保  05保険会社への連絡 06注意すること



損害賠償の範囲について
症状固定前の損害 症状固定後の損害
休業損害
後遺障害・後遺症損害・遺失利益


死亡遺失利益・死亡慰謝料について 死亡遺失利益 死亡慰謝料 物損 過失相殺 保険請求 調停・訴訟法律相談・問い合わせ 事務所案内 費用について


ホーム>休業損害について

治療のために休業した場合には、休業損害が認められます。

□休業損害については、実際に収入の減少がなければならないと考えられていますが、専業主婦であっても、家政婦を雇う等の損害が発生した場合はこれの請求が考えられますし、そうでない場合も平均賃金での請求を行うことも考えられます。

□事業者の場合は、原則として事故前年の確定申告所得により算定します。確定申告をしていない場合等で相当額の収入があったと認められる場合は、平均賃金等での主張を行う場合もあります。

□特段の努力により、休業しなかったという場合では、慰謝料額を決定する際に考慮するように主張することになります。

  
Copyright © 2009-2019  交通事故・自動車事故法律相談ナビ All Rights Reserved