※お電話のみでの法律相談は受け付けておりません。ご来所いただいての法律相談となります。

ホーム

事故発生時の対応  01怪我人が出た場合  02車での事故の場合  03警察への連絡  04連絡先の確保  05保険会社への連絡 06注意すること



損害賠償の範囲について
症状固定前の損害 症状固定後の損害
休業損害
後遺障害・後遺症損害・遺失利益


死亡遺失利益・死亡慰謝料について 死亡遺失利益 死亡慰謝料 物損 過失相殺 保険請求 調停・訴訟法律相談・問い合わせ 事務所案内 費用について


ホーム>事故発生の対応

1.けが人がいる場合

けが人がいる場合は、必ず救護をして下さい。救急車を呼ぶなどの救護活動を行わないと救護義務違反として刑事罰を課せられる可能性がございます。

2.車での事故の場合

自動車等を事故発生当時のままにしておけば、危険が生じる場合には、安全を優先して自動車等の移動を行います。ただし、現場の保存も重要ですので、危険が発生しないのに不必要に自動車を移動させることは避けてください。

3.警察への連絡

必ず、警察に連絡してください。加害者等に警察へ連絡しないように頼まれたとしても、これに応じると後日、保険の適用等がなくなってしまう場合もありますので、事故の大小にかかわらず、必ず警察に連絡してください。なお、怪我をしている人がいる場合には、必ず人身扱いにしてもらってください。

4.連絡先の確保

相手方や目撃者の連絡先を聞いておきます。また、事故車両の車名、登録番号、車台番号、保険会社等も確認して控えてください。さらに、現場の状況も確認し、可能であれば写真等で証拠に残しておいてください。

5.保険会社への連絡

保険会社にも出来るだけ早めに連絡します。これを行わなければ保険適用がなくなることもありますので、注意が必要です。

6.注意すること

事故現場での示談は避けてください。保険適用がなくなる可能性もありますし、不合理な示談内容になる可能性もありますので、必ず事前に専門家に相談するのが好ましいでしょう。


  
Copyright © 2009-2019  交通事故・自動車事故法律相談ナビ All Rights Reserved