※お電話のみでの法律相談は受け付けておりません。ご来所いただいての法律相談となります。

ホーム

事故発生時の対応  01怪我人が出た場合  02車での事故の場合  03警察への連絡  04連絡先の確保  05保険会社への連絡 06注意すること



損害賠償の範囲について
症状固定前の損害 症状固定後の損害
休業損害
後遺障害・後遺症損害・遺失利益


死亡遺失利益・死亡慰謝料について 死亡遺失利益 死亡慰謝料 物損 過失相殺 保険請求 調停・訴訟法律相談・問い合わせ 事務所案内 費用について


ホーム>死亡慰謝料について

■死亡慰謝料■
交通事故により死亡した場合には、死亡逸失利益のほか、死亡慰謝料を請求することになります。

□死亡慰謝料については、客観的に正確な数値を算定することは不可能に近いため、各種の算定基準が定められています。

□通常、保険会社は、弁護士介入後・裁判基準と個人で交渉している段階での基準があります。当然、弁護士介入後・裁判基準の方が高額となります。

□弁護士が介入した後の基準にもいくつかありますが、概ね、
一家の支柱・・2600~3000万円
母親・配偶者・・2300~2600万円
それ以外・・2000~2400万円
とされています。ただし、これを基準に個別の事情を考慮して増減することとなります。

 

  
Copyright © 2009-2019  交通事故・自動車事故法律相談ナビ All Rights Reserved