※お電話のみでの法律相談は受け付けておりません。ご来所いただいての法律相談となります。

ホーム

事故発生時の対応  01怪我人が出た場合  02車での事故の場合  03警察への連絡  04連絡先の確保  05保険会社への連絡 06注意すること



損害賠償の範囲について
症状固定前の損害 症状固定後の損害
休業損害
後遺障害・後遺症損害・遺失利益


死亡遺失利益・死亡慰謝料について 死亡遺失利益 死亡慰謝料 物損 過失相殺 保険請求 調停・訴訟法律相談・問い合わせ 事務所案内 費用について


ホーム>調停・訴訟について

■調停・訴訟について■

保険会社との間で損害額、事実関係や過失割合等に争いがある場合、調停または訴訟を提起する必要があります。

□調停
裁判所で調停委員・調停官が間に立って話あいを行う制度です。第三者が間に立つことで、合意に達する場合もあり、訴訟に比べて費用が安い、申立て手続きが簡易である等の利点があります。
もっとも、これによっても合意に至らない場合は、訴訟を提起する必要があります。

□訴訟
最終的には裁判官が判断を下す制度です。判決が確定した場合、強制執行が可能となりますので、調停を行っても合意の見込みがない場合等は最初から裁判を提起する方が早期の解決が得られることもあります。
もっとも、裁判においては、当事者主義といって、主張・立証(証明)は当時者が行う必要があり、裁判所は判断を行うのみであることから、しっかりとした事実の主張・立証と法的主張が必要です。

 

  
Copyright © 2009-2019  交通事故・自動車事故法律相談ナビ All Rights Reserved